2018年10月21日

佐世保で最も愛すべきお店「ささいずみ」



再登場「ささいずみ」です。

佐世保から離れて、数十年。このところ帰ることもなかなかできず、夢にまで出てくる「ささいずみ」 笑

本当なんです。もちろん、おいしいということなんですが、このお店で過ごした時間が「私の人生の中で本当に幸せ」な時間と場所だったんだと思います。私たち家族の幸せな時間と重なるので、きっと、夢見るんだと思います。


スミマセン、感傷に浸ってしまいました。
しょっぱくなるので、本筋の話に戻しますね (笑)

前回は、イカとカワハギの刺身を書こうと思いながら、カワハギ肝付きのことを書かずに終えてしまったので・・・

カワハギの薄造り肝付きですが、これが絶品。


淡泊ではるものの旨味のある身を2~3切れ(せこく1切れづつは×)に、ポン酢に混ぜ溶かした肝を付けて食べる(この時肝は、細かくし溶かし過ぎない)。要は1切れだけだとポン酢と肝が勝ちすぎるんです。刺身自体の旨味と肝のコク、ポン酢の酸味が、適度なバランスになるのが、この食べ方です。(あくまで私見 笑)

夏なら、冷酒。冬なら燗酒を続けて口に含むと、至極の旨味を醸し出します。(書いてるだけで唾ごくんです)

わたしは、「ささいずみ」さんのイカとカワハギは、一生忘れられません。
次は、いつ食べられるかな 泣、待ち遠しい!!


他にもふわふわの天ぷら(さつま揚げ)やちゃんぽんも魚介の出汁が出てとてもおいしいです。好みに合わせて、お好きなモノを注文してください。ただし、イカとカワハギは食べていただきたいな。何を頼んでも「はずれはない」ので、ご安心ください。



Posted by しょっぴ at 10:37│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。